ひやおろし

1,520円(税込1,672円)

720ml(本体価格1520円)
1800ml(本体価格2871円)
内容量
購入数

手造りで丹精込めて醸したお酒を春先に搾り、ひと夏寝かせました。9月1日には全国に向けて発売を開始します。まろやかな清酒をどうぞ食卓に。 朝晩は少しずつ涼しくなり、秋になったという感じがしますね。読書の秋・・・いや、食欲の秋!秋の9月〜11月頃に出荷される日本酒「ひやおろし」は程よく熟成しており、飲み頃のお酒です。 「ひやおろし」とは? 江戸の昔、冬にしぼられた新酒が劣化しないよう春先に火入れ(加熱殺菌)した上で大桶に貯蔵し、ひと夏を超して外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、2度目の加熱殺菌をしない「冷や」のまま、大桶から樽に「卸(おろ)して」出荷したことからこう呼ばれ、秋の酒として珍重されてきました。 このお酒は、まさに円熟まろやか、落ち着いた味わいだから、食欲の秋にぴったり。焼き鳥や秋刀魚が食べたくなるお酒です。 ■純米吟醸 生詰 (冷暗所にて保存ください。) ■原材料名:米・米麹 ■原 料 米:松山三井 ■精白歩合:58% ■アルコール :16度 ■日本酒度:4 ■酸  度:1.5 ■アミノ酸度:1.1 秋の間にも、瓶の中でゆるやかに熟成をすすめ、刻々と味わいを深めていきます。暑さの残る9月にはフレッシュ感も残す味わいのお酒が、10月、11月になるとまろやかさと旨味を増し、数ヶ月でここまで変わるのか、と驚くほどの変身を遂げることも。同じお酒を月を追って飲むのも楽しいかもしれません。 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
内容量
720ml(本体価格1520円)
1800ml(本体価格2871円)