千代の亀  吟醸  青ラベル

1,340円(税込1,447円)

720ml / 1340円(税込1447円)
1800ml / 2580円(税込2786円)
内容量
購入数

吟醸 青。
スッキリとした口当たりと軽快なのどごし

語源 「青」基本色名のひとつで、晴れた日の海や瑠璃のような色の総称です。天を仰ぐという言葉から、あおという語源説もあります。日本では伝統的には藍(あい)や縹(はなだ)を用いてきた。これは、日本において青を表現するための染料が古来はツユクサであり、その色を花色と呼んだことに由来すると思われる。後には染料としてアイが用いられるようになり、藍や縹が青系統の色を表す総称として定着した。しかし、これらの色名も現在は基本的に青と総称するようになり、藍や縹は固有色名としての性格が強くなっている。Wikipedia参照

さて、弊社の定番である「吟醸 青」は愛媛県産のお米(松山三井)を原料米として使用し、協会酵母901とで醸し、アクセントとして醸造アルコールを加えたお酒です。スッキリとした口当たりと軽快なのどごしが、日本酒を冷たくして飲むのが好きな方にはピッタリのお酒です。スッキリとした口当たりはお食事を一層引き立て、食事と酒空間を美味しく演出します。様々なお食事に合わせてみてみる楽しみ方も良いかもしれませんね。

■内子町の青
内子町は山に囲まれ、四季折々の草木が日々の変化を楽しませてくれます。
内子町を見下ろす小高い丘にある龍王公園は、豊かな自然の中に広がる地区公園です。野球場をはじめ、レクレーションやスポーツを楽しむ場として、広く利用されています。公園内には、温水プールなどの健康増進施設や温浴施設、新たな遊具や休憩施設などを整備。子どもから高齢者まで安心して過ごせる公園になっています。龍王公園にある展望台から爽快な青空を眺めて内子の風景を独り占めしてみてはいかがでしょうか。



吟醸
原材料名:米(国産) 米麹(国産米) 醸造アルコール
アルコール:16度
日本酒度:+7

イメージはありません。

内容量
720ml / 1340円(税込1447円)
1800ml / 2580円(税込2786円)