第1回千代の亀折り紙つき頒布会

10,000円(税込10,800円)

※この商品は弊社の処理の関係で、他の商品との同時購入をご遠慮いただいています。他の商品も購入希望の方は、一度こちらの商品のみで決済処理をしていただき、その後に他の商品のご購入をお願いします。ご迷惑をおかけしますが、ご協力よろしくお願いします

新体制になり初めて頒布会を試みます。


このUCHIKO ORIGAMI「折り紙つき頒布会」の料金は商品、送料込のお値段です。

頒布会?
申込み並びに支払登録いただくと、年に四回頒布会用のお酒を登録先にこちらから定期的にお届けします。
しかし、これは普通の頒布会ではなく、地域の風土や文化そして伝統を伝える頒布会だと自負しています。

どういった頒布会?
内子町という地域の風土文化をみなさまにより多く知っていただきたく、受注生産で"内子町の手しごとの会"で草木染を営む「とっさん工房」様との草木染オリジナル折り紙ラベルのコラボで実現を目指しました。



“折り紙つき”の本来の意味は「確かな品質が確証されているもの」ですが、弊社では四季折々の草木で染めたラベルを折り紙にみたて、品質もラベルもまさに二つの意味で”折り紙つき”です。



瓶詰するお酒も頒布会限定無濾過でうっすらと濁りのある特別なお酒です。

この濁りには秘密があります。それは弊社の搾り方です。
昔ながらの槽搾り(ふなしぼり)で時間をかけてゆっくりとゆっくりとお酒にストレスをかけずに搾っています。


小さな小さな蔵だからこそ続けている手造りによる酒造り。


申込み並びに支払登録いただくと、年に四回お酒を登録先にお届けします。

第一回を十二月に「まだまだ若さの残るフレッシュな搾りたて春のお酒」として。
第二回を三月に「どっしりとしたお酒好きにはたまらない春の新酒」として。
第三回を六月に「爽快さが求められる季節にピッタリな、夏の生酒」として。
第四回を九月に「食欲の秋に。しっかりと熟成された秋のお酒」として。
※ボトルの色、ラベルの色は季節によって異なります。

それぞれの季節に育つ内子町の草木で草木で染めた折り紙ラベルを貼ってお届けします。





内子町の地域文化を発信し続け、そして日本だからこそ楽しめる四季折々を、弊社自慢のお酒と、内子手しごとの会で草木染めを営む「とっさん工房」の折り紙で内子の四季をお楽しみください。



完全受注生産
瓶詰の量は注文をいただいた数量のみ詰める特別なお酒です。
是非ともお楽しみください。

申込期間
平成29年9月19日(火)から平成29年10月27日(金)まで
期間を過ぎてのお申し込みはできませんのでお早めにお申し込みください。

※この商品は弊社の処理の関係で、他の商品との同時購入をご遠慮いただいています。他の商品も購入希望の方は、一度こちらの商品のみで決済処理をしていただき、その後に他の商品のご購入をお願いします。ご迷惑をおかけしますが、ご協力よろしくお願いします

イメージはありません。